あさひ鍼灸院
よくある質問

Q. あん摩とか、マッサージとか、指圧ってどう違うの?

あらゆる治療の原点は、「手当て」です。
体のどこかが痛かったり、痒かったり、何か違和感などがあると、ごく自然にその部分をさすったり、なでたり、掻いたりしていませんか?
それが手当てです。あん摩とか、マッサージとか、指圧は手当てが発展したものです。
あん摩は、古代中国におこり3世紀頃に日本に伝わったもので、「揉み療治」などともいわれ広く一般大衆に親しまれてきた治療術です。
一方マッサージは、フランスなどヨーロッパにおいて紀元前の頃から治療術として活用され、民間療法として存続してきたものです。血流に沿って、リンパの流れに沿って、筋肉の流れに沿って、なでたり、さする様な感じです。
また指圧は、日本において、圧刺激を主体とした「ツボ押し療法」として一般大衆に親しまれてきた治療術です。
睡眠だけでは取れない日常の疲れを解消する手段として、今マッサージが注目されています。
マッサージには血行を促進させ老廃物を排泄させて、疲労やむくみを取り除いたり、手足の冷えや肩こり、ストレス解消などさまざまな効用が期待できます。
[2]よくある質問メニューに戻る
[0]TOPへ戻る
(c)あさひ鍼灸院